婚約指輪徹底分析のメイン画像

婚約指輪とその相場

婚約指輪とは、婚約したことを証する指輪で、男性が女性にプレゼントします。

婚約指輪を渡すタイミングは、プロポーズの時か、または婚約してから早いうちに二人で買いに行き渡すかのどちらかでしょう。

女性としてはプロポーズの時にプレゼントしてもらったほうが感動がさらに増しますが、実際に好みやサイズが確実には分からないことが多いので、婚約してから一緒に選びに行くという事の方が多いようです。

大抵、婚約指輪に付いている宝石は、ダイヤモンドです。

ダイヤモンドには「永遠の輝きを失わないように」という意味があり、永遠の愛を誓って贈られます。

しかし、ダイヤモンド以外でも誕生石や好みの石をつけても構いません。

では婚約指輪の相場は大体どれくらいなのでしょうか。

以前は給料の3か月分であると言われていて、例えば毎月のお給料が20万だとしたら60万円の指輪ということになりますが、実際にはそこまでお金はかけていないようです。

ある報告によりますと、全国平均で33万円ほどのようです。

ちなみに結婚指輪は二人で合計22万円ほどのようです。

念のため銀座ダイヤモンドシライシで値段を確認してみましたが、やはりその範囲の値段になる指輪が多く紹介されていました。

ですから指輪にかかるお金をまとめるとやはり60万近くかかるかもしれません。

もちろん、これは3本で60万円ですが。

しかしやはりこれは相場ですので、人によっては予算を決めて、その範囲内で購入する方もおられれば、一生に一度なのでさらにお金を費やす方もおられます。

いずれにせよ、心がこもっていて、気に入ったデザインであれば、お金がいくらだったかは女性としてはあまり気にならないというのが現状ではないでしょうか。